このサイトは自作の写真集である。
もう十年間、ベルギーのリンブルグ州の炭鉱を撮影している。
閉山後、炭鉱の建物がどんどん破壊されてきた。
この凝った印象的な建物、一頃炭鉱マンで満員の建物は真ん前に破壊されて、
写真しかに残していない。
時代の進みに無力で、この建物の懐古さと壮麗さのを撮影した。
青図いわゆる青写真はビールの空き缶のピンホールカメラとかで撮影された。
一頃リンブルグ州の光であったのは忘れられない。

This site is a collection of my lifework in photography.

I have been photographing the coal mines
of Limburg, Belgium, for more then 10 year.
After the closure of the mines
the buildings started to disappear rapidly.
These impressive and artistic buildings,
once fully occupied by miners,
were taken down one by one before my eyes
and now only exist on photo.
Powerless against time I photographed them with their full values,
grandness and nostalgia of the times past.
My blueprints or cyanotypes were made using
different pinhole cameras of which one was made out of a beer can.
What once was the light for Limburg
can not be lost.

履歴
個人データ
名前: Jonny Vekemans (ジョンニー ・ヴェケマンス)
住所: Meeenheide 63, 3600 Genk, Belgium
生年月日:昭和35年6月16日
学歴
機械学(Rito学校、Genk市)
美術学 (市立美術学校, Hasselt市)
仕事
1977−1987:炭鉱マン (K.S. ウィンテルスラグ)
受賞
ピンホールカメラで撮影された青写真である。

Curiculum Vitae
Personal data:
Name : Jonny Vekemans
Adres : Meeenheide 63, 3600 Genk, Belgium
Date of Birth : 16/06/1960

Studies:
Mechanics (Rito, Genk)
Acadamy of Fine Arts (Stedelijke Academie voor Schone Kunsten, Hasselt)

Work:
1977-1987 : Coal Miner (KS Winterslag)

Titles:Master Of Panoramic Arts ’96 (First price in International Photography Contest in Finland)
Price won with Cyanotype taken with a pinhole camera.